キッチンが明るい一戸建て購入

マイホームの購入を検討するようになってから、安城市の新築住宅の住宅展示場など見学するようになり、とても重視した部分は、キッチンです。キッチンは毎日利用しますし、広々として料理がしやすいような場所で日差しも適度に入る明るいキッチンを探していました。対面式になっているのが良いな〜と思い、対面式キッチンをでお料理を楽しめるような充実した空間になっているキッチンを探していたところ、一戸建てでかなり明るい雰囲気のキッチンがあり、そしてリビングも広々とした空間になっているので、ここだったら安心して住めるな〜と思い、マイホームを購入することにしました。お料理は大好きなので、キッチンで色んな料理を作り、家族を喜ばせたいな〜と考えていたので、こうした色々と話しながら素敵なキッチンがある新築一戸建て物件を見つけることができてラッキーでした。人気物件はすぐに契約した方がよいと今までの経験上分かっていたので、すぐ契約しました!

土地代が浮いたので注文住宅にしました

新築を購入するタイミングはそれぞれあると思います。子供が小学校に入るタイミングであったり、結婚をタイミングとするご夫婦もあるかと思います。うちの場合は親から土地を譲り受けたことがみよし市に新築一戸建てを建てる大きなタイミングとなりました。親から事業を引き継いだ時に、同時に更地となっていた宅地を生前贈与の形で譲り受けました。もちろん贈与税等ありましたが、通常に土地を購入するよりも割安で手に入れることができたので、妻と相談して新築を建てることにしました。結婚から10年、長男ということもありずっと二世帯住宅になっている実家で暮らしていました。その実家から100メートルほど離れたところにその更地となっていた宅地があったため、事業継承と同時にそこに家を建てたらどうだと親の勧めもありました。ちょうど同じようなタイミングで子供も小学校に上がることもあり、自分の年齢や住宅ローンの長さを考えて今が一番いいだろうという判断となりました。子供が一人で3人家族となるためそれほど大きな家は必要ありません。25坪ほどの家で十分ではないかということで、少々夫婦のこだわりを取り入れた注文住宅にすることにしました。