住まいでの後悔スポット、脱衣所

熊本市で注文住宅の一戸建てに住んでいます。私は、住まいでの後悔スポットがあります。それは脱衣所です。
私の家にはお風呂に脱衣所がもちろんあるのですが、家を建てる際には、それほどあまり考えずに脱衣所を作りました。しかし、今となっては後悔しているポイントです。
脱衣所は、洗濯機を置くことが出来るようになっているのですが、それを置くとかなりスペースが狭くなってしまいます。子供を一緒にお風呂に入れることになると、みんながそこで着替えるのが狭くなってしまい、リビングなどで脱ぐ必要があります。
洗濯機の部屋と、脱衣所とを別で作っていれば、こんなことにはならなかったのかな…と後悔しています。一戸建ての家を見ていると、かなり広い脱衣所と、そして家事スペースを作っている家もありますので、そういった家にしておけば、お風呂のときにも快適だったかもしれないなと後悔をしているポイントです。
いい家は3回以上建てないとわからないといわれていますが、この辺はもう少し工夫するべき場所でした。

新築の一戸建て住宅を選んで良かったこと

一戸建て住宅は価格が高いですが自由に使えるため、家族で安心して住めるように決めました。建売住宅は購入してすぐに入居できることや、モデルルームを見学すると間取りや設備の特徴が分かり良かったです。家を選ぶ時は場所をどのように決めるかが重要で、主要駅から近いと高いため離れた場所にしました。

新築は何といっても設備が新しくて快適に過ごしやすく、最新の工法を用いているため強い揺れがきても避難できることが強みです。ただし、販売店側は設備が新しくても素材が悪いと摩耗しやすいこともあるため、信用できるかどうか確かめてから決めないといけないことをアドバイスしてくれました。

新築の一戸建て住宅を選んで良かったことは老後の生活を安心して暮らせ、設備が摩耗せずに強い揺れが起きても慌てずに行動できることです。住宅物件は価格が非常に高くて選び間違えないようにしたいもので、新築の場合はリスクがあるため慎重に決めることを心がけました。

キッチンが明るい一戸建て購入

マイホームの購入を検討するようになってから、安城市の新築住宅の住宅展示場など見学するようになり、とても重視した部分は、キッチンです。キッチンは毎日利用しますし、広々として料理がしやすいような場所で日差しも適度に入る明るいキッチンを探していました。対面式になっているのが良いな〜と思い、対面式キッチンをでお料理を楽しめるような充実した空間になっているキッチンを探していたところ、一戸建てでかなり明るい雰囲気のキッチンがあり、そしてリビングも広々とした空間になっているので、ここだったら安心して住めるな〜と思い、マイホームを購入することにしました。お料理は大好きなので、キッチンで色んな料理を作り、家族を喜ばせたいな〜と考えていたので、こうした色々と話しながら素敵なキッチンがある新築一戸建て物件を見つけることができてラッキーでした。人気物件はすぐに契約した方がよいと今までの経験上分かっていたので、すぐ契約しました!

土地代が浮いたので注文住宅にしました

新築を購入するタイミングはそれぞれあると思います。子供が小学校に入るタイミングであったり、結婚をタイミングとするご夫婦もあるかと思います。うちの場合は親から土地を譲り受けたことがみよし市に新築一戸建てを建てる大きなタイミングとなりました。親から事業を引き継いだ時に、同時に更地となっていた宅地を生前贈与の形で譲り受けました。もちろん贈与税等ありましたが、通常に土地を購入するよりも割安で手に入れることができたので、妻と相談して新築を建てることにしました。結婚から10年、長男ということもありずっと二世帯住宅になっている実家で暮らしていました。その実家から100メートルほど離れたところにその更地となっていた宅地があったため、事業継承と同時にそこに家を建てたらどうだと親の勧めもありました。ちょうど同じようなタイミングで子供も小学校に上がることもあり、自分の年齢や住宅ローンの長さを考えて今が一番いいだろうという判断となりました。子供が一人で3人家族となるためそれほど大きな家は必要ありません。25坪ほどの家で十分ではないかということで、少々夫婦のこだわりを取り入れた注文住宅にすることにしました。

私が自由設計を選んだ1番の理由

私は昨年の4月に豊田に二世帯住宅を建てさせていただきました。その際にいろんなハウスメーカーさんを下見に行き、話を聞く中で、魅力的に思ったのが自由設計のあるハウスメーカーさんでした。

自由設計を選んだ理由は自分たちの思うように家を建てられる、自分たちの夢を妥協せずにできる範囲で設計していけるところです。

もちろん建築士の方も踏まえている柱とかもありましたが、本当に全て、私たちは建てたい夢を見ていた家を現実にしていただきました。

お金の関係で妥協しなければならないような点も設計士の方の意見を聞き、少し窓の位置をずらしたりして、なおかつ耐震強度も最高ランクを取得した家になりました。

自由設計は自分たちがしたい思い描く家を担当の方に伝え、そこから家の形や内装をパソコンにて見せてくれてすごくわかりやすく、それを見てからやはり削れるところは削ったりと経済的にもすごく私たちにとってはありがたいハウスメーカーさんでした。

皆さんも思い描くいろんな家があると思いますが、少しでも現実にするのは自由設計があるハウスメーカーさんをお勧めします。

憧れの工務所さんにお願いした宝物の

二年前に広島に建てた耐震住宅の我が家は、小さな工務所さんにお願いしました。
その工務所さんは、私の住んでいる地域でお店や個人宅等沢山手掛けていらっしゃいます。
内装はもちろん外壁にも木を使ったシンプルデザインが得意です。

今の地域に引っ越してきてから気に入ったお店の多くをその工務所さんが建てていたことを知り、私達夫婦は憧れを抱いておりました。

家を建てることが決まった時、いろいろな住宅展示場を見学に行きましたが、憧れの工務所さんに決めました。

こだわったポイントはやはり木材を効果的に使うということでした。
階段やドアを木材にし、赤松の大きな梁を作ってもらい、台所の戸棚やカウンターも木で作り付けてもらいました。
木材はグレーに塗装してもらい、シックにシンプルにまとめてもらいました。

また、照明もこだわりました。
照明の設置は最小限にして、船舶照明を購入し電球色の電球にすることで明るすぎない懐かしい雰囲気になりました。

お気に入りの工務所さんに私達の希望を詰め込んだ照明や収納、間取りにこだわった新築を建ててもらった家は 、まさに一生ものの宝物になりました。

海辺のエリアに魅力的なスポットが豊富な大森エリア

いかにも下町っぽくごみごみとした住宅街の雰囲気が好きになれないという人には向かないかも知れませんが、広島で海が見える注文住宅で育った私にとって、海辺に遊べるスポットが幾つもある理想的なロケーションは大森エリア。京急本線で言えば大森海岸駅から大森駅に至るエリアに間違いありません。

都心までの所要時間が僅か10数分というアクセス条件に加えJR京浜東北線とも路線共用が可能。また大森駅の中心街や第一京浜沿いに大型スーパーやホームセンター等の商店・サービスも充実し、日々の生活に関して不自由は無いでしょう。

それより何よりも私が重視したいのはその東側、東京湾から京浜運河沿いに整備された海辺あるいは緑豊かな公園やレジャースポットの数々。大森ふるさとの浜海浜公園や平和島キャンプ場、しながわ区民公園に至るエリアの連続は身近にアウトドアを楽しみたい私の様な人間には大変魅力的な存在。

それに加えてしながわ水族館や大井競馬場、ボートレース平和島といったあらゆる年代層でも楽しめるレジャースポットさえもこのエリアに集中しており、これなら遠出せずとも十分オフを楽しめるでしょう。

その他各種スポーツを楽しめる施設も豊富にあり、健康や体力の増進も捗りそうな感じです。住宅の購入を考えている方にもおおすすめの街です。